初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:C.ストーナー、復調を示す1番時計

フリー走行1:C.ストーナー、復調を示す1番時計

体調不良と肋骨の打撲を負うストーナーが、昨年優勝した舞台で1番時計を記録。ドイツで優勝経験がある前戦勝者のペドロサ、ポイントリーダーのロッシが続いた。

第9戦ドイツGPのフリー走行1は17日、ザクセンリンクで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温24度。路面温度28度のウェットコンディションの中、ランク3位のストーナーは、唯一1分23秒台を突破する1分22秒779の1番時計を記録。昨年ポール・トゥ・ウインを決めた舞台で好スタートを発進した。

史上8人目の通算2000ポイントに迫る前戦勝者のダニ・ペドロサは、0.255秒差の2番手。

最多表彰台獲得タイ記録に王手をかけたポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシは、0.309秒差の3番手。

連続14ラップと21ラップを実行したランディ・ド・プニエは4番手に入り、アレックス・デ・アンジェリス、コーリン・エドワーズが続いた。

前戦で今季最高位を獲得したトニ・エリアスとニッキー・ヘイデンは、7番手と8番手。今季最高のスタートを決め、アンドレア・ドビツィオーソ、マルコ・メランドリがトップ10入り。ランク2位のホルヘ・ロレンソは、0.717秒差の11番手。

12番手のロリス・カピロッシまでが、0.926秒差で接近した。

Tags:
MotoGP, 2009, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, FP1

Other updates you may be interested in ›