初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ:「楽しかったけど、タフだった」

V.ロッシ:「楽しかったけど、タフだった」

第6戦カタルーニャGPを再現するロレンソとのバトルに競り勝ったロッシは、タイトル連覇に向けて、着実にアドバンテージを広げた。

フィアット・ヤマハにバレンティーノ・ロッシは、第9戦ドイツGPの決勝レースでポールポジションから優勝。タイトル争いにおいて、ライバルたちとのアドバンテージを広げた。

今季3度目、ザクセンリンクでは最高峰クラス10度目の挑戦で初めてトップグリッドからスタートした30歳のイタリア人ライダーは、ゴールラインまで、ランク2位のホルヘ・ロレンソと優勝争いを展開。

「楽しかったけど、タフだった」と、開口一番、レースの感想を語った。

「トップライダーたちは、それぞれに異なったタイヤを選択。それぞれのバイクは異なったパフォーマンスを発揮していた。」

「レース中盤、ケーシーを抜くことができたけど、ホルヘが彼を抜くのを見て、『オ~、ノー。まただ!』と考えた。ホルへとのバトルは常に難しい。プッシュしようとしたけど、彼は僕を抜いた。ここは抜くのがすごく難しいことを覚悟しながら、アタックして、トップをキープした。最終ラップ、幾つかの重要なポイントで僕の方が速かった。」

今季4勝目、8度目の表彰台を獲得して、ポイントリーダーを維持したロッシは、過去に最高峰クラスで5勝を挙げた第10戦イギリスGPに挑戦する。

ドイツGPのリザルト

MotoGP/500ccクラス
2009年: ポールポジション – 優勝
2008年: 7番グリッド – 2位
2007年: 5番グリッド – 転倒リタイヤ
2006年: 11番グリッド – 優勝
2005年: 4番グリッド – 優勝
2004年: 2番グリッド – 4位
2003年: 4番グリッド – 2位
2002年: 6番グリッド – 優勝
2001年: 11番グリッド – 7位
2000年: 6番グリッド – 2位

250ccクラス
1999年: ポールポジション – 優勝
1998年: 4番グリッド – 3位

125ccクラス
1997年: ポールポジション – 優勝
1996年: 5番グリッド – 4位

Tags:
MotoGP, 2009, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›