初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ、直接対決で逆転

A.バウティスタ、直接対決で逆転

ランク2位のバウティスタは、最終ラップにベストラップを叩き出して、ポイントリーダーを抜き、ポイント差を詰めることに成功した。

マプフレ・アスパルにアルバロ・バウティスタは、第9戦ドイツGPの決勝レースで3番グリッドから3位。今季5度目の表彰台を獲得した。

2ラップ目の雨により、レースが29ラップから19ラップに短縮された中、24歳のスペイン人ライダーは、スタートで6番手まで後退し、一時はトップから7秒以上のギャップを背負ったが、徐々に巻き返し、最終ラップにはベストラップの1分24秒552を記録。トップから0.528秒差まで接近した。

「もし、29ラップのレースだったら、もっといい終わり方だっただろう。10ラップを失ったことで、セッションで掴んだリズムに影響が出てしまった」と、優勝の可能性を失った理由を説明。

「ファウベルと青山のグループに追いついたけど、青山はブレーキングがいいから、もう1ラップ待たなければいけなかった。」

「デボンが見えたけど、抜くにはリスクがあった。最終的に3位。青山の前でゴールして、ポイント差を詰めたけど、シモンセリが近づいてきた。」

ポイントリーダーの青山を最終ラップで抜いて、ポイント差を10としたバウティスタは、昨年ポールポジションから3位表彰台を獲得したイギリスGPに挑戦する。

Tags:
250cc, 2009, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Alvaro Bautista, Mapfre Aspar Team 250cc

Other updates you may be interested in ›