初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スペイン、初のトップ5独占

スペイン、初のトップ5独占

近年飛躍的な活躍を見せるスペイン勢。スペイン選手権育ちのヤングライダーたちが歴史的な記録を達成した。

第9戦ドイツGPで、スペイン勢がトップ5を独占。歴史的な記録を打ち立てた。

ポイントリーダーのフリアン・シモンは、ポールポジションから独走優勝。セルジオ・ガデアが2位に入り、3人による3位争いをジョアン・オルベが制し、ニコラス・テロールが続き、3人による5位争いをポル・エスパルガロが競り勝った。

スペインがトップ5位を独占したのは、今回が初。イタリア、日本に次ぐ3ヶ国目となった。

もし、最終コーナーでマルク・マルケスが転倒しなければ、1995年に日本勢が記録したトップ6独占に並んだかもしれない。

過去トップ5独占記録

日本‐1995年第10戦チェコGP
(坂田、青木、斉藤、徳留、仲城)
日本‐1995年第3戦日本GP‐日本
(青木、斉藤、坂田、仲城、茨木、加藤)
イタリア‐1987年開幕戦スペインGP
イタリア‐1954年第6戦ネイションGP
イタリア‐1950年開幕戦オランダGP
イタリア‐1950年第3戦ネイションGP
イタリア‐1949年開幕戦スイスGP
イタリア‐1949年第2戦オランダGP
イタリア‐1949年第3戦ネイションGP

*1995年の日本と1987年のイタリアは、トップ6を独占。

Tags:
125cc, 2009, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›