初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FP1:A.デボン、好発進

FP1:A.デボン、好発進

前戦で表彰台を獲得したデボンが勢いを維持すれば、青山は2番手。富沢は転倒を喫した。

第10戦イギリスGPのフリー走行1は24日、ドニントンパークで行われ、アレックス・デボンがトップタイムをマークした。

気温18度。路面温度26度。コースの一部が濡れたドライコンディションの中、前戦で今季初表彰台を獲得したデボンが、1分33秒432の1番時計を記録。初日を制した。

ポイントリーダーの青山博一は、最多31ラップを走行して、0.041秒差の2番手。

転倒を喫して右肘を痛めたアルバル・バウティスタは、2号車に乗り換えて3番手。前戦勝者のマルコ・シモンセリ、通算100戦目を迎えるルーカス・ペセック、マイク・ディ・メッリオ、トーマス・ルティが続いた。

エンジントラブルに見舞われたエクトル・バルベラは8番手。カレル・アブラハム、マティア・パシーニまでが、トップから0.548秒差に入った。

負傷代役として復帰したラルフ・ウォルドマンは、23ラップを走行。18番手に位置すれば、転倒を喫した富沢祥也は、僅か11ラップしか走れず、4.315秒差の20番手だった。

Tags:
250cc, 2009, BRITISH GRAND PRIX, FP1

Other updates you may be interested in ›