初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:D.ペドロサ、逆転の1番時計

フリー走行1:D.ペドロサ、逆転の1番時計

路面がウェットから乾いて行く中、ペドロサが最後に1番時計を記録すれば、ストーナー、ロッシ、ドビツィオーソ、ロレンソが続いた。

第10戦イギリスGPのフリー走行1は24日、ドニントンパークで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマーク。初日を制した。

気温16度。路面温度20度。ウェットコンディションから走行ラインが乾いて行くコンディションの中、2戦連続表彰台を獲得したペドロサが最後のラップで1分38秒627を記録。逆転の1番時計を刻んだ。

昨年の勝者ケーシー・ストーナーは、完全に周回を重ねたのは僅か9ラップ。ライバルたちが乾き始めた終盤にタイムを伸ばした中、早め目にセッションを切り上げたが、0.245秒差の2番手に入った。

完全ウェットのコンディションで好パフォーマンスを見せたバレンティーノ・ロッシは、0.290秒差の3番手。

連続21ラップと9ラップを実行したホルヘ・ロレンソは、アンドレア・ドビツィオーソに次ぐ5番手。

ロングランを実施したマルコ・メランドリ、ミカ・カリオ、コーリン・エドワーズ、トニ・エリアス、ニッキー・ヘイデンがトップ10入り。

連続30ラップを実行した地元出身のジェームス・トーズランドは、ロリス・カピロッシに次ぐ12番手だった。

Tags:
MotoGP, 2009, BRITISH GRAND PRIX, FP1

Other updates you may be interested in ›