初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、最終ラップに逆転の1番時計

D.ペドロサ、最終ラップに逆転の1番時計

最終ラップに1番時計を記録したペドロサは、今季2勝目に向けて、好発進した。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第10戦イギリスGPのフリー走行1で1番時計を記録。初日を制した。

2006年に同グランプリを制したランク4位のスペイン人ライダーは、ハーフウェットとなったセッション最後に、ベストラップをマーク。

「1番手で終われて嬉しい。とても困難な1日を、チームと一緒に解決したやり方が良かった」と、チームの総合力を評価。

「コンディションは不安定で、コンスタントに変化していたから、非常に注意しなければいけなかったし、学習するために全てのコンディションを利用しなければいけなかった。」

「完全ウェットの場合、大きく改善しなければいけない分野がある。今週末は今日のような天候になりそうだし、日曜は雨が降る可能性があるから、改善に向けて集中する。」

「セッション終盤、ほぼ乾いていたけど、レインタイヤをそのまま履いた。レインの場合、どのようなセッティングにするか、少なくても、アイデアを持つことができたから、それは良かったと思う。今はグッドなポジションで、これを続け、終えたい。」

Tags:
MotoGP, 2009, BRITISH GRAND PRIX, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›