初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FP2:M.シモンセリ、1番時計を記録

FP2:M.シモンセリ、1番時計を記録

前戦勝者のシモンセリが1番時計。青山と富沢は、7番手と19番手だった。

第10戦イギリスGPのフリー走行2は25日、ドニントンパークで行われ、マルコ・シモンセリがトップタイムをマークした。

気温18度。路面温度24度のドライコンディションの中、前戦勝者のシモンセリが、唯一1分32秒台のリズムを刻み、1分32秒401の1番時計を記録。2度目のセッションを制した。

フリー走行1で8番手だったエクトル・バルベラは、0.170秒差の2番手に浮上。

初日の転倒で右肘を痛めて、右前腕の筋力が落ちているアルバロ・バウティスタは、トップタイムをマークした直後に週末2度目の転倒を喫したが、大事には至らず、3番手に入れば、トーマス・ルティ、マイク・ディ・メッリオが続いた。

フリー走行1を制したアレックス・デボンは、6番手。

ポイントリーダーの青山博一は、1分33秒前半のペースで周回を重ね、トップから0.749秒差の7番手だった。

カレル・アブラハム、マティア・パシーニ、エクトル・ファウベルがトップ10入り。

初日転倒を喫した富沢祥也は、3.226秒差の19番手だった。

Tags:
250cc, 2009, BRITISH GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›