初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

青山博一、独走Vで初タイトルへまた一歩前進

青山博一、独走Vで初タイトルへまた一歩前進

初タイトル獲得に向けて着実にポイントを稼ぐ青山が、今季初めてウェットレースを制し、バウティスタとのポイント差をさらに広げた。

スコット・レーシングの青山博一は、第10戦イギリスGPの決勝レースで3番グリッドから独走。今季3勝目を挙げ、タイトル争いのアドバンテージを広げた。

今季7度目の1列目スタートから、オープニングラップでトップに飛び出すと、レースの主導権を握り、今季初めてウェットレースを制した。

「今日はすごく難しいレースでしたが、スタートで前に出られて、プッシュして行き、アドバンテージをつけられました。中盤からフロントタイヤもリアタイヤも滑り、厳しくなりましたが、前半のアドバンテージを調整しながら、ゴールを目指しました」と、レースをコントロールしていたことを説明。

タイトル争いの最大のライバル、アルバロ・バウティスタは2位。アドバンテージが今季最大の15ポイント差に広がった。

「次のブルノまで3週間。しっかりと体調を整えて、15ポイントのリードをもっと伸ばせるように頑張ります。」

Tags:
250cc, 2009, BRITISH GRAND PRIX, Hiroshi Aoyama, Scot Racing Team 250cc

Other updates you may be interested in ›