初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.ポンチャラル、今季最高位と来季を語る

H.ポンチャラル、今季最高位と来季を語る

今季最高位を獲得したテック3のポンチャラルは、来季の体制について、こう着状態であることを認めた。

モンスター・ヤマハ・テック3のチームマネージャー、エルベ・ポンチャラルは、コーリン・エドワーズとジェームス・トーズランドが、今季最高位を獲得した第10戦イギリスGPを振り返った。

6番グリッドのエドワーズは、スペクタクロな追い上げを見せ、今季初の表彰台を獲得すれば、地元出身のトーズランドは、自己最高位タイの6位でフィニッシュ。

「コーリンには、このリザルトが相応しいです。休みなく働き、ヤマハ、ブリヂストン、チームのために大きく貢献しました。我々は2位でこの舞台を後にできることが幸せです」と、ベテランライダーを高評価。

ホームレーストなったトーズランドに対しては、「レース中、休みなく戦った彼にも大変満足しています。彼を応援するスタンドを見ることは最高で、チームにとってもグレートなリザルトでした」と、語った。

チームとして、今季最高の成績を挙げた後、フランス人マネージャーは、来季の体制について、状況を説明。

「ホルヘ・ロレンソは、現状の中心人物です。彼が決断するまで、パドックはこう着状態です。」

「我々は今の2人のライダーに満足しています。シーズンの折り返しを過ぎましたが、現時点で、急いだ決断を下したくはありません。我々は待ちます。」

「もし、コーリンとジェームスが、今後の4戦で同等な結果を繰り返せば、ライダーを変更する理由があるでしょうか?我々は日本のヤマハと親密な関係があり、ホルヘが残留するか、移籍するか、就任が分かるまでは、何も決定することはできません。」

Tags:
MotoGP, 2009, BRITISH GRAND PRIX, Monster Yamaha Tech 3

Other updates you may be interested in ›