初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

P.エスパルガロ、赤旗で初優勝逃す

P.エスパルガロ、赤旗で初優勝逃す

昨年のインディアナポリスに続き、エスパルガロは、赤旗で初優勝のチャンスを逃した。

デルビ・レーシングのポル・エスパルガロは、第10戦イギリスGPの決勝レースで7番グリッドからトップを走行。赤旗中断後のレース2では、10位に後退した。

昨年、雨のフリー走行2で転倒した際に左鎖骨を骨折した18歳のスペイン人ライダーは、初日からロングランを実行。意欲的に走り込むと、決勝レースでは、初優勝に向けて、快調に飛ばしていたが、14ラップ目に雨により赤旗中断。

レース2では、優勝争いどころか、表彰台争いに加わることができず、トップ10入りが精一杯だった。

「ムカつく。もう少しで勝てたのに、これで2度目だ。正当ではない!」と、興奮したエスパルガロは、昨年のインディアナポリスGPでも、トップ走行中に赤旗が振られ、初優勝を逃していた。

「いいフィーリングがあり、リズムは最高だったから、前に出て、プッシュすることにした。アドバンテージを広げたけど、雨が降り始めて、レースが中断。あと3分。あと3分で勝てたのに。去年のインディアナポリスと同じだ。」

「その後は、もう宝くじ状態。異常なぐらいバイクが滑り、何度も転びそうになった。優勝して、ポイントリーダーに近づく絶好のチャンスだったのに。」

エスパルガロは、今季シートを失い、Moto2の開発に専念する兄アレックスに、同グランプリから最終戦まで帯同することを依頼していた。

Tags:
125cc, 2009, BRITISH GRAND PRIX, Pol Espargaro, Derbi Racing Team

Other updates you may be interested in ›