初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

R.ドプニエ、左足首骨折

R.ドプニエ、左足首骨折

モトクロス中に左足首を骨折したド・プニエは、手術を受けた。次戦参戦に向け、治療に専念する。

LCR・ホンダのランディ・ド・プニエは、トレーニング中に左足首を骨折。手術を受けた。

前戦イギリスGPで今季初の表彰台を獲得した28歳のフランス人ライダーは1日、フランスのアクス・アン・プロヴァンスで、元モトクロスライダーで個人トレーナーであるイヴ・デマリアの指導の下、モトクロスバイクを走行中に転倒。左足を強打した。

近郊の病院で精密検査を受けた結果、左足首の骨折が確認され、3日にボルトで骨折箇所を固定する手術を受けた。

近日中にクリニカ・モービルの医師に診断を受けるド・プニエは、「イヴと僕は、コース上でのパフォーマンスを向上するため、特別なトレーニングプログラムを計画。このプログラムは、今までのところ大きく役立ち、今はサマーブレーク中だけど、2週間トレーニングをストップすることができないから、モトクロストレーニングを行った」と、説明。

「残念ながら転んでしまい、地面へのインパクトで、左足首を折ってしまった。がっかりだけど、トレーニングは非常に重要だ。」

「ブルノへのレースに向けて、ベストを尽くす。クリニカ・モービルのスタッフが最高の治療で僕をサポートしてくれるだろう。」

Tags:
MotoGP, 2009, Randy de Puniet, LCR Honda MotoGP

Other updates you may be interested in ›