初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フィアット・ヤマハの両雄、タイトル争い前に休養十分

フィアット・ヤマハの両雄、タイトル争い前に休養十分

ストーナーの離脱により、タイトル争いは、ランク1位のロッシとランク2位のロレンソに絞られた。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソは、今週末の第11戦チェコGPを前に、充実の休暇が過ごせたことを認めた。

ランク2位に25ポイント差のアドバンテージを広げ、ポイントリーダーとして、昨年優勝した舞台に乗り込むロッシは、「今回のサマーブレークは、習慣的なロングバケーションとはいかなかったけど、ここ数日間で充電する機会があり、リラックスでき、休むことができた」と、静養できたことを説明。

「前戦は理想的な結果ではなかったけど、僕たちにとってポジティブな日となり、1レース分のアドバンテージを得た。ポイント差があるけど、僕たちのライバルたちは強敵だから、1分もリラックスすることはできない。」

ロレンソは、第8戦アメリカGPの公式予選で強打した右肩と両足首、右足の治療とリハビリに専念。

「レースなしの長い時間を過ごした後だけに、今回のレースは非常にエキサイティングだ。いい休みが取れ、ラグナセカのケガを完治するために、個人トレーナーと一緒にジムで仕事に取り組む時間があった。ドイツとイギリスの時よりも、状態がすごくいい」と、フィジカルコンディションが整ったことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2009, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Jorge Lorenzo, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›