初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

K.アブラハム、市街地走行に感激

K.アブラハム、市街地走行に感激

地元出身のアブラハムは、グランプリの主役としてプレイベントに参加。デモ走行を楽しんだ。

カルデロンABのカレル・アブラハムは、ホームレースとなる第11戦チェコGPを前に、隣国オーストリアの首都ウィーンで開催されたプレイベントに参加した。

19歳のチェコ人ライダーは、サーキットのあるブルノ出身。チームのメインスポンサー、医療機器メーカーのカルデロンABが大会冠スポンサーとして、グランプリをサポートしていることもあり、今週末は主役の1人として、グランプリに挑戦。

ウィーンでのプレイベントにも、主役の1人として召集されると、「街中を走るのは最高だね。こんなにたくさんの人たちが来てくれるなんて、想像できなかった」と、大感激。

「レーシバイクで市街地を走れるなんて、一度も考えたことがなかったけど、本当に楽しかった。ファンにとってもナイスだったと思う。」

Tags:
250cc, 2009, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Karel Abraham, Cardion AB Motoracing

Other updates you may be interested in ›