初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

後半戦緒戦のプレスカンファレンスに、ロッシやカリオ、タルマクシらが登場。サマーブレークや新規定、事後テストなどが話題となった。

第11戦チェコGPのプレスカンファレンスは13日、サーキット内で行われ、チャンピオンシップの主役たちが出席した。

昨年の勝者であり、ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシは、「ナイスなブレークだった。個人的にも必要だったんだ!10日間ほど家に滞在して、後半戦に向けて、エネルギーを充電することに努めた」と、プレスカンファレンスの口火を切った。

「バイクの仕事を少し変更する。プラクティスでのバイク使用を計画し、エンジンをテイクケアーしなければいけない。経費をセーブしなければいけないし、それは重要なこと。月曜にはテストがあり、バイクを進歩させ、確認するために、幾つか細かいことに取り組む。」

ケーシー・ストーナーの代役に指名されたミカ・カリオは、ドゥカティ・マールボロのユニフォームで登場。

「ドゥカティとプラマック・レーシングに感謝したい。特に、この機会を与えてくれた、(チームオーナーの)パオロ・カンピノーティに感謝したい。ケーシーが3戦の後に、良くなって戻ってくることを願うけど、これは僕にとってグレートなチャンスだ。」

前戦の勝者アンドレア・ドビツィオーソは、「サマーブレーク中は自宅で思いっきりリラックスすることができ、モチベーション全開でここに来た。僕たちは新しいスイングアームがあり、月曜ではなく、グランプリ中にテストする」と、説明。

昨年スズキに移籍して初表彰台を飾ったロリス・カピロッシは、「今週末の使用する新しいエンジンがあり、大きく助けてくれるはずだ。僕たちは後半戦で改善しなければいけないし、月曜にはたくさんの新しいパーツをテストする。もしかしたら、今週は新しいシャーシをテストすることができるかもしれない」と、後半戦からの逆襲に向けて、スズキがエンジンと車体を準備したことを認めた。

隣国出身のガボール・タルマクシは、「僕の国は近く、モータースポーツが好きだから、4万から5万人にファンが来てくれるだろう。これはチャンピオンシップにとって、グレートだ。ここで彼らに会えるには大きな誇りだ」と、ハンガリーから大観衆が訪れることを説明した。

Tags:
MotoGP, 2009, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›