初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:V.ロッシ、3戦連続5度目のポールポジション奪取

公式予選:V.ロッシ、3戦連続5度目のポールポジション奪取

ポイントリーダーのロッシが、3戦連続シーズン5度目、最高峰クラス通算46度目のポールポジションを獲得。ランク2位のロレンソとランク4位のペドロサが1列目を確保した。

第11戦チェコGPの公式予選は15日、ブルノで行われ、バレンティーノ・ロッシがトップタイムをマーク。今季5度目のポールポジションを奪取した。

気温27度。路面温度39度のドライコンディションの中、フリー走行2で3番手だったポイントリーダーのロッシは、1分56秒台のリズムで周回を重ねた後、最後のタイムアタックで転倒を喫したが、その前に、1分56秒145の1番時計を記録。ポール争いに僅少さで制した。

2度のフリー走行を制したランク2位のホルヘ・ロレンソは、連続15ラップを含め最多の26ラップを走行。1分56秒前半のトップリズムを掴み、タイトル争いのライバルから0.050秒差の2番手に入って、開幕からの連続1列目を11に伸ばした。

走り出しで1分56秒台のリズムを掴んだダニ・ペドロサだったが、その後はリズムを伸ばすことができず、6ラップ目のタイムで3番手。

初日から好パフォーマンスを見せるトニ・エリアスは、今季最高位となる4番手に進出すれば、コーリン・エドワーズ、アンドレア・ドビツィオーソ、アレックス・デ・アンジェリス、ニッキー・ヘイデン、ロリス・カピロッシが続いた。

ケーシー・ストーナーの代役ミカ・カリオは、転倒前のタイムでトップ10入り。

カリオの代役ミシェル・ファブリッツは16番手。準地元ガボール・タルマクシは、最下位の17番手だった。

Tags:
MotoGP, 2009, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, QP

Other updates you may be interested in ›