初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、転倒も最高峰クラスで通算46度目のPP奪取

V.ロッシ、転倒も最高峰クラスで通算46度目のPP奪取

今季3度目の転倒を喫したロッシだったが、ゼッケンナンバーと同じ46回目のドップグリッドを獲得した。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、第11戦チェコGPの公式予選で1番時計を記録。今季5度目、最高峰クラスで46度目のポールポジションを奪取した。

チームメイト、ホルヘ・ロレンソとのポールバトルを制するため、限界まで攻めたポイントリーダーは、4コーナーで今季3度目の転倒を喫したが、0.050秒差で競り勝った。

「ポール獲得はすごくいいけど、重要なのは、転んだ後で、身体の方が大丈夫なこと。右手の親指が少し痛いけど、それだけ。すごくラッキーだった」と、転倒の影響がレースにないことを説明。

「とにかく、僕たちはセッションでグレートな仕事をした。今回のポールは重要。レースにはグッドなポジションからスタートする。明日は高い戦闘力があると思う。」

Tags:
MotoGP, 2009, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›