初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

T.エリアス、シート喪失の危機回避願う初表彰台獲得

T.エリアス、シート喪失の危機回避願う初表彰台獲得

来季の受け入れ先が見当たらないエリアスは、存在をアピールする表彰台を獲得した。

サンカルロ・ホンダ・グレシーニのトニ・エリアスは、第11戦チェコGPの決勝レースで、今季最高位となる4番グリッドから今季初の表彰台3位を獲得した。

シーズン中盤に入り、上位陣とのギャップを詰めてきたスペイン人ライダーは、昨年初表彰台を獲得した舞台で、今年も初表彰台を獲得。

「ここ数戦はオフィシャルライダーたちと一緒に走り、常に上位に位置していたけど、転倒やトラブルが原因で、グッドなリザルトを獲得できなかったから、この結果は嬉しい」と、レース直後に感想を語った。

来季の就任に関して、第9戦イギリスGPの際に、チームとの話し合いを望み、継続参戦の可能性が低いことを確認。15日には、マルコ・シモンセリに続き、マルコ・メランドリの起用が発表され、同チームから構想外が決定した。

昨年はブルノからの連続表彰台で、今年のシートを獲得。2年前には、エストリルで最高峰クラス初優勝を飾り、ドゥカティのサテライトチーム(アリチェ・チーム)入りが決まったことから、3年連続して、シーズン初の表彰台が将来につながることを期待する。

「来年のチームがない。この表彰台が助けとなると思うけど、現実的に、誰も僕に興味を持ってくれない。」

「今、僕が唯一できることは、僕たちの得意舞台であるインディアナポリスとミサノに集中すること。将来の心配は、もう少し先に延ばしたい。」

来季から最高峰クラスに新規参戦するアスパル・チームは、スペイン人ライダーの起用を決め、第1候補にアルバロ・バウティスタ、第2候補にエクトル・バルベラ、そして、第3候補にエリアスを指名。

「複数のチームと交渉したけど、現時点では、たくさんのオプションがないから、これからも交渉を続ける。アスパル(・チーム)は、バルベラを欲しがっているようで、どうなるか様子を見ないと。全てのチームの扉が閉まった訳ではないから、今日の表彰台で状況が変わることを願う。もう少し僕のことを考えてくれるといいんだけど。」

「アッセン、ザクセンリンク、ドニントンと、僕のバイクにとって、理想的ではないサーキットが続いたけど、ブルノ、インディアナポリス、エストリルと、僕が得意としているコースが続く。このチャンスを活かして、将来につなげたい。」

Tags:
MotoGP, 2009, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Toni Elias, San Carlo Honda Gresini

Other updates you may be interested in ›