初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGP合同テスト:J.ロレンソが1番時計

MotoGP合同テスト:J.ロレンソが1番時計

シーズン中最後の合同テストがブルノで行われ、ロレンソがトップタイムをマーク。青山周平がMoto2マシンを初ライドした。

MotoGPの合同テストは17日、第11戦チェコGPの舞台となったブルノで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマークした。

気温25度。路面温度32度のドライコンディションの中、決勝レースではトップ走行中に転倒を喫したランク2位のロレンソが、電子制御を中心にテストに取り組み、安定して1分56秒台のリズムを刻むと、昼過ぎの雨で濡れた路面が乾いた17時前からは、スタート練習に専念した。

勝者バレンティーノ・ロッシは、2010年型のプロトタイムマシンをテスト。18時前に2番時計を記録した。

フィアット・ヤマハ勢に続いたのは、2位表彰台を獲得したダニ・ペドロサ。ロリス・カピロッシ、アンドレア・ドビツィオーソが続いた。

マティア・パシーニは、プラマック・レーシングからミカ・カリオ車のドゥカティ・デスモセディチGP8サテライトを初ライド。66ラップを走行した。

ガボール・タルマクシとニッキー・ヘイデンは、転倒を喫したが大事には至らず、テストを続けた。

今回の合同テストには、ブルセンスBQRのMoto2マシンが登場。同チームからスペイン選手権エクストリュームクラスに参戦する元MotoGPライダーのダビッド・デ・ヘアが、ダンロップのタイヤテストに専念したが、転倒を喫したため、同グランプリに就職活動で来ていた青山周平がテストを受け継いだ。

MotoGP合同テスト
1. J.ロレンソ: 1分56秒171(52ラップ)
2. V.ロッシ: 1分56秒622(38ラップ)
3. D.ペドロサ: 1分56秒747(53ラップ)
4. L.カピロッシ: 1分57秒543(43ラップ)
5. A.ドビツィオーソ: 1分57秒764(53ラップ)
6. T.エリアス: 1分57秒841(39ラップ)
7. C.バーミューレン: 1分57秒891(61ラップ)
8. N.ヘイデン: 1分57秒928(64ラップ)
9. M.メランドリ: 1分58秒045(56ラップ)
10. M.カリオ: 1分58秒051(65ラップ)
11. N.カネパ: 1分58秒120(69ラップ)
12. G.タルマクシ: 1分59秒008(58ラップ)
13. M.パシーニ: 1分59秒614(66ラップ)
14. D.デヘア: 2分05秒982(19ラップ)
15. 青山周平: 2分05秒907(30ラップ)

ポールポジションタイム:V.ロッシ‐1分56秒145
レースベストラップ:J.ロレンソ‐1分56秒670

Tags:
MotoGP, 2009, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›