初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、2010年型プロトタイプを初テスト

V.ロッシ、2010年型プロトタイプを初テスト

来季もヤマハのファクトリーチームから参戦が決定しているロッシは、2010年型プロトタイプマシンを初テスト。開発に向けて、データを収集した。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは17日、合同テストに参加。2010年型のプロトタイプマシンを初テストした。

今季5勝目を挙げ、タイトル連覇に向けて大きく前進したポイントリーダーは、参加者中最後にコースインとなる12時からテストを開始。午前中に17ラップ、午後に21ラップを走行。決勝レース中に記録したベストタイム(1分56秒694)を上回る1分56秒622をマークした。

「グレートな勝利の後で、仕事に戻るのはいつも難しいけど、今回のテストは、2010年に向けて、幾つかのことを試したから、大切だった」と、重要性を強調。

「より耐久性があり、より長い距離を走らなければいけないエンジンを試した。2010年型のシャーシも試した。ポジティブなポイントも、ネガティブなポイントもあり、僕たちはデータを収集することができた。」

「不運にも昼休み中に雨が降ってしまったから、午後のいい時間帯を走ることができなかったけど、ラスト1時間は十分に乾き、仕事ができた。」

「シャーシとエンジンのグッドな仕事をすることに集中することができ、非常に速かった。これから少し休んで、インディアナポリスに行く。」

Tags:
MotoGP, 2009, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›