初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.テロール、今季初優勝でランク2位に浮上

N.テロール、今季初優勝でランク2位に浮上

シーズン中盤から安定して上位に進出してきたテロールが、今季初優勝を飾った。

ジャック&ジョーンズ・チームのニコラス・テロールは、第11戦チェコGPで、今季最高位の2番グリッドから今季初の優勝を飾り、ランク2位に浮上した。

第5戦イタリアGPから安定して上位に進出している20歳のスペイン人ライダーは、2年連続の2番グリッドから、4番グリッドのフリアン・シモンとポールポジションのアンドレア・イアンノーネと優勝争いを展開。0.168秒差で競り勝った。

「すごく嬉しい。今年はずっと優勝を狙っていて、ようやく達成した。チームみんなのグレートな仕事に対するプレミアムだ」と、昨年9月の第14戦インディアナポリスGP以来となる優勝を振り返った。

「昨日と今日のウォームアップ走行で、グレートなリズムがあったから、作戦は直ぐにトップに立って、グループを引き離し、優勝の可能性を高めること。スタートから上手く行った。終盤、アンドレアがタイヤに問題があったけど、フリアンが追いかけてきたから、最終ラップは全てのスペースを閉じた。この勝利が必要だった。」

25ポイントを加算したテロールは、ランク4位から54.5ポイント差のランク2位に浮上した。

Tags:
125cc, 2009, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Nicolas Terol, Jack & Jones Team

Other updates you may be interested in ›