初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

LCR・ホンダ、R.ドプニエとの延長契約を熱望

LCR・ホンダ、R.ドプニエとの延長契約を熱望

チェッキネロは、ド・プニエの延長契約がまとまり次第、2人目の起用を検討することを認めた。

LCR・ホンダのチームマネージャー、ルチョ・チェッキネロは、2010年のプロジェクトに関して説明。ランディ・ド・プニエと延長契約に向けて、交渉していることを認めた。

「我々の優先事項は、一刻も早く、ランディとの延長契約を結ぶことです。ミサノを期限いっぱいと決めています。双方に継続の意志がありますが、まだ何も決定していません」と、イタリア人マネージャーは説明。

最高峰クラス参戦5年目の来季に向けは、「現状、2つのオプションがあります」と、2台体制、もしくは、Moto2クラスへの参戦を検討していることを認めた。

「ランディとの契約が決まり次第、2人目の起用、またはMoto2のチームを構成する可能性を検討します。」

「もし、2人目を起用する場合には、現在MotoGPクラスか、250ccクラスに参戦しているライダーの中から探します。1人目のライダーが決定次第、市場が提供するライダーを見つけます。」

チェッキネロは、第11戦チェコGP後、延長契約を希望するド・プニエのパフォーマンスを称賛した。

「夏の出来事は、受け入れがたい衝撃でした。ドニントンで好リザルトを獲得し、彼は本当に絶好調でした。とにかく、ブルノでは走りたいという強い気持ちとキャラクターを証明し、素晴らしい仕事をしました。エクセレントなリザルトだったと言わなければいけません。カリオ、ミランドリ、ロレンソの転倒のおかげで、ポジションを3つ上げることができました。」

「現実的に考え、少なくても、あと2戦は身体的に厳しいので、ランク7位を堅守することは本当に困難です。このポジションを良くすることを考えることはできませんが、守ることだけを考えることはできます。」

Tags:
MotoGP, 2009, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Randy de Puniet, LCR Honda MotoGP

Other updates you may be interested in ›