初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プラマック・レーシング、A.エスパルガロを抜擢

プラマック・レーシング、A.エスパルガロを抜擢

カリオの代役ライダーを探していたプラマックは、今季シートを失っていたエスパルガロを抜擢した。

プラマック・レーシングは19日、アレックス・エスパルガロを第12戦インディアナポリスGPと第13戦サンマリノGPに起用することを発表した。

ドゥカティのサテライトチームは、第11戦チェコGPから3戦に欠場するドゥカティ・マールボロのケーシー・ストーナーの代役として、ミカ・カリオを貸し出し。

第11戦チェコGPには、ドゥカティ・ゼロックス・チームからスーパーバイク世界選手権に参戦し、現在ランク3位のミシェル・ファブリッツオを起用していた。

20歳のスペイン人ライダー、エスパルガロは、今季250ccクラスのシートを失い、スペイン選手権に参戦するチームからMoto2プロジェクトに参加。

負傷したライダーの代役として、バラトンリンク・チームから第7戦TTアッセンと第9戦ドイツGPに参戦。アッセンでは自己最高位となる4位を獲得していた。

「すごく嬉しい。グランプリに戻るために、プロジェクトをスタートしていたところで、再び挑戦する機会を得た。今年はアッセンとザクセンリンクを走り、4位と7位だったから、身体的な準備はできている。予期しない形で夢が実現する。プラマック・レーシングに感謝したい」と、喜びを語った。

同チームから合同テストに参加したマティア・パシーニは、タイトル獲得の可能性がある250ccクラスに専念する。

Tags:
MotoGP, 2009, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Aleix Espargaro, Pramac Racing

Other updates you may be interested in ›