初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.シモンセリ:「青山に追いつくことは不可能ではない」

M.シモンセリ:「青山に追いつくことは不可能ではない」

シモンセリは、タイヤ選択が功を奏して今季3勝目。青山に32ポイント差、バウティスタに20ポイント差に迫った。

メティス・ジレラのマルコ・シモンセリは、第11戦チェコGPでポールポジションから優勝。今季3勝目を挙げて、タイトル連覇の可能性を広げた。

開幕直前に右手を骨折し、第2戦日本GPではタイヤトラブルに見舞われ、大きく出遅れてしまった現王者だったが、転倒リタイヤを喫した第6戦カタルーニャGP以外では、安定して上位に進出。タイトル争いの主役2人に、プレッシャーをかけてきた。

「すごく美しいレースだった」と、ポケットバイク時代からのライバル、マティア・パシーニとのバトルを振り返った。

「ライバルたちよりも、少し硬いタイヤを選択。パフォーマンスが上がって来ることを確信していたけど、終盤はレース序盤よりも、バイクの信頼感がなかったから、パシーニのアタックに対して、全力で立ち向かわなければいけなかった。」

「すごく嬉しい。最終ラップはすごく速かったし、パシーニは素晴らしいレースをしたから、彼に勝つことができて嬉しい。もし、レースがもう少し長かったら、勝てなかっただろう。」

「青山に追いつくことは難しいけど、不可能ではない。僕はそれに向けて、全力を尽くす。」

Tags:
250cc, 2009, CARDION AB GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Marco Simoncelli, Metis Gilera

Other updates you may be interested in ›