初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ:「決断は難しかったけど、スズキ入りを決めた」

A.バウティスタ:「決断は難しかったけど、スズキ入りを決めた」

来季の就任に注目が集まっていたアルバロ・バウティスタは、スポーツ面の条件により、スズキ入りを決めた。

スズキからMotoGPクラス参戦を決めた理由は?
みんなも知っているように、長い間、僕の就任先が噂されていたけど、最終的には、スズキとアスパルのプロジェクトに絞った。もちろん、ホルヘ(・マルティネス・アスパル)のプロジェクトが具体的になるのを待っていた。彼のチームはファンタスティックで、すごく気に入っていた。

イギリスとチェコの間に、条件を一つずつ評価することができ、決断は非常に難しかったけど、スズキに行くことを決めた。ファクトリーで、スポーツ面が気に入ったから。最終的な判断は、そのポイントだった。

アスパル・チームは君の決定を理解してくれたかい?
理解したけど、意見を共有しなかった。ホルヘは、僕にライダーになって欲しかった。125ccクラスと250ccクラスで4年間、彼と一緒に参戦した。MotoGPクラスに一緒に続けられないことは残念だけど、僕は決断を下し、それが正しいと思う。

ホルヘは、人としても素晴らしく、チームのみんなは非常にプロフェショナルで、僕の決断を尊重してくれたけど、賛同はしていない。彼から、「それは来年のことで、今年は一緒に続けよう。まだやらなければいけない仕事が残っている」と、言ってくれた。

スズキ入りに期待することは?ロリス・カピロッシは既に君の加入を歓迎してくれたけど?
正直に言って、まだ何も計画していない。僕は今年の仕事に集中している。全てが新しいこと。チームは今まで一度も一緒に働いたことがなく、多くのスタッフはイギリス人。スペイン人とイタリア人のチームに所属しているから、この変更は重要だ。バイクも全く異なる。この環境に適応するのは簡単ではないけど、一緒に仕事ができ、全ての細かいこと理解するためのプレシーズンがある。

もし、カピロッシがチームメイトなら、それは大きなバックアップだ。彼はイタリア人。僕と同じような性格で、経験豊富なライダーだから、彼からたくさんのことを学ぶことができると思う。

リズラ・スズキのチームマネージャー、ポール・デェニングは、「来年に向けて、アルバロ・バウティスタと契約を交わすことができ、大変嬉しいです。」

「彼は、まだミスター・アスパルとアスパル・チームとの契約があり、アルバロは250ccクラスの仕事に集中しなければいけませんので、あまり多くのことを語ることを控えたいです」と、現状の契約を尊重した。

Tags:
MotoGP, 2009, Alvaro Bautista, Rizla Suzuki MotoGP

Other updates you may be interested in ›