初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

Moto2、バレンシアで快走

Moto2、バレンシアで快走

4台のMoto2マシンが、再びスペイン選手権で好パフォーマンスを披露。テストライダーの抜擢されたロルフォが実践に登場した。

スペイン選手権の第3戦決勝レースは12日、バレンシアのリカルド・トルモで行われ、最高峰クラスのエクストリームクラスに4台のMoto2マシンが参戦した。

前戦でレースデビューした4台のMoto2マシンが、再び1000ccレースに登場。ヤマハ・スペインのアレックス・エスパルガロが、5番グリッドから優勝者から23秒差の5位でフィニッシュ。

シエメンス・ジガセット・ラグリッセは、テストライダーのアンヘル・ロドリゲスが、スーパースポーツクラスの2年連続完全連覇に専念するため、ロベルト・ロルフォを新たにテストライダー抜擢。30秒差の7位でゴール。

AJR・ラ・セルバ・サーキットのダニエル・アルカスは、20番グリッドから13位。

第7戦TTアッセンの際にデモ走行を実施したブルセンス・BQR・ホンダを駆けたダニエル・リバスは、予選で転倒を喫して、11番グリッドからスタートしたが、電子制御のトラブルにより、リタイヤを強いられた。

次戦は、9月27日にアルバセテで開催される。

予選ベストタイム
A.エスパルガロ(ヤマハ):1分35秒181
R.ロルフォ(ヤマハ):1分36秒356
D.リバス(ホンダ):1分37秒030
D.アルカス(AJR):1分38秒743

エクストリームクラスのポールポジションタイム:1分34秒866
スーパースポーツクラスのポールポジションタイム:1分36秒476

決勝レースベストタイム
A.エスパルガロ(ヤマハ):1分36秒419
R.ロルフォ(ヤマハ):1分37秒047
D.アルカス(AJR):1分38秒645
D.リバス(ホンダ):1分36秒950

エクストリームクラスのベストラップ:1分35秒191
スーパースポーツクラスのベストラップ:1分37秒218

2008年最終戦バレンシアGP
ポールポジションタイム:M.シモンセリ‐1分35秒408
ファーステストラップ:M.カリオ‐1分35秒890

サーキットレコードラップ:M.カリオ‐1分35秒659 (2007年)
サーキットベストラップ:青山博一‐1分35秒109 (2006年)

Tags:
250cc, 2009

Other updates you may be interested in ›