初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

リズラ・スズキ、ポジティブな感触と共に米国入り

リズラ・スズキ、ポジティブな感触と共に米国入り

事後テストで好感触を掴んだスズキの両雄は、インディアナポリスからの巻き返しを誓った。

リズラ・スズキのロリス・カピロッシとクリス・バーミューレンは、第12戦インディアナポリスGPに、ポジティブな手応えを持って挑戦する。

後半戦緒戦の第11戦チェコGPで今季最高位タイとなる5位を獲得した最年長36歳のイタリア人ライダーは、昨年16位だったレースを前に、「2008年はリズムに乗って走ることができず、がっかりだった。今年はリズムを掴みたい」と、抱負を語った。

「ブルノでは元気づく結果だった。それに、月曜のテストでは、残りのシーズンに向けて、改善に役立つ2つのことが見つかった。ポジティブな感触を持って、アメリカに行き、残りのシーズンに戦っていくつもりだ。」

同僚に次ぐランク10位のバーミューレンは、「インディアナポリスが楽しみだ。素晴らしい舞台で、オーガナイズもいい。昨年はベストリザルトを獲得できなかった」と、9位だったレースを振り返った。

「ハリケーンで影響を受けてしまい、レースが中断してしまったから、今年は天候に恵まれることを願う。」

「ブルノで、バイクがワンステップした。リザルトは望むものではなかったけど、残りのレースに向けて、新しいエンジンがどのように機能するのか、明らかになった。インディでは、可能な限り、速いリズムをマークしなければいけない。楽しみだ。」

Tags:
MotoGP, 2009, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Chris Vermeulen, Loris Capirossi, Rizla Suzuki MotoGP

Other updates you may be interested in ›