初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.バービアー:「少しナーバスだ」

C.バービアー:「少しナーバスだ」

軽量級唯一の米国人ライダーのバービアーは、初の母国レースを楽しみにしている。

レッドブル・KTMのキャメロン・バービアーは、初のホームレースとなる第12戦インディアナポリスGPを前に心境を語った。

カリフォルニアのローズビル出身の16歳アメリカ人ライダーは、前戦チェコGPのフリー走行2で転倒を喫した際に左鎖骨を骨折。レースをキャンセルしたが、順調に回復して、母国グランプリを迎えることができることを認めた。

「大丈夫。まだ少し痛いけど、だいぶ良くなった。先週の木曜に、コスタ医師に診断してもらって、走れると言ってもらったけど、金曜までには、もっと回復するだろう」と、欧州に滞在して、治療に専念した成果があったことを説明。

「アメリカで走るのは特別。少しナーバスなんだ。家族がみんな観に来てくれる。僕にとっては、一度も走ったことがないから、通常のレースと一緒で、落ち着いて働き、ステップ・バイ・ステップでコースを理解して、レースを楽しみたい。」

Tags:
125cc, 2009, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Cameron Beaubier, Red Bull KTM Moto Sport

Other updates you may be interested in ›