初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、ヤマハ残留の理由を説明

J.ロレンソ、ヤマハ残留の理由を説明

ロレンソは、継続参戦の理由を説明すると同時に、ドゥカティを走らせるエスパルガロに注目していることを認めた。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、第12戦インディアナポリスGPを前日に控えた27日、ヤマハからの継続参戦を決断した理由を説明した。

「重要なポイントの1つは、このバイクの経験。2年間の経験は大きく、すごく簡単に走らせることができる。もう1つは、ヤマハからの信頼感。この決断を下すのに、リン・ジャービスからの信頼は、決定的だった」と、契約を結んだ理由を説明。

現在ランク2位のロレンソは、チャンピオンシップに関して、「残り6戦。数字的には、チャンピオンシップを失っていないし、まだ制覇することができるけど、バレンティーノとのギャップは50ポイントだから、非常に難しい」と、状況を分析。

「だから、僕たちの目標は、コースで楽しみ、表彰台を獲得し続け、可能性がある時に優勝を狙う。」

「昨年は雨が降り、2位に非常に近づいて、表彰台で終わった。速く走れることができると思うから、昨年のリザルトを上回りたい。」

デビュー戦を迎える同胞のアレックス・エスパルガロが、ドゥカティを走らせることについては、「とても興味深い。ドゥカティは簡単なバイクではないから、難しいことがあるだろう。プレッシャーは全くないから、今回の経験を楽しむことができるはずだ」と、注目していることを認めた。

Tags:
MotoGP, 2009, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›