初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FP1:N.テロール、好発進

FP1:N.テロール、好発進

昨年キャリア初優勝を飾ったテロールが、前戦優勝の勢いを持ち込み、1番時計を記録した。

第12戦インディアナポリスGPのフリー走行1は28日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われ、ニコラス・テロールがトップタイムをマークした。

気温27度。路面温度31度のドライコンディションの中、昨年同レースでキャリア初優勝を飾り、前戦で通算2勝目を飾ったテロールが、1分50秒603の1番時計を記録。セッション終了10分前から雨が降り始めたセッションを制した。

チームを移籍してから昨年のパフォーマンスを取り戻してきたシモーネ・コルシは、0.111秒差の2番手。

ブラドリー・スミス、サンドロ・コルテセ、マルク・マルケスがトップ5入り。

ポイントリーダーのフリアン・シモンは、0.616秒差の9番手。

日本勢では、中上貴昌と小山知良が、15番手と22番手だった。

Tags:
125cc, 2009, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, FP1

Other updates you may be interested in ›