初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

RACE:M.シモンセリ、連覇に向けて4勝目達成

RACE:M.シモンセリ、連覇に向けて4勝目達成

現王者のシモンセリが、来週の地元グランプリを前に、2戦連続シーズン4勝目を飾り、タイトル連覇の可能性を広げた。

第12戦インディアナポリスGPの決勝レースは30日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われ、マルコ・シモンセリが優勝。2戦連続4勝目を飾った。

気温21度。路面温度28度のドライコンディションの中、3番グリッドのシモンセリは、4ラップ目にトップに飛び出すと、一度もポジションを譲らず、シーズン4勝目。中量級10勝目を飾った。

ポイントリーダーの青山博一は、2番グリッドからポジションを維持。シーズン6度目の表彰台を獲得した。

ランク2位のアルバロ・バウティスタは、6番グリッドから3位表彰台を獲得。ポールポジションのマイク・ディ・メッリオ、ロベルト・ロカテリ、エクトル・バルベラ、ルーカス・ペセック、エクトル・ファウベル、トーマス・ルティ、カレル・アブラハムがトップ10入り。

3番グリッドのジュール・クルーセルと7番グリッドのマティア・パシーニは、それぞれ4番手を走行中に転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、青山が20ポイントを加算。バウティスタとのアドバンテージを16ポイント差に広げたが、シモンセリが27ポイント差に詰めてきた。

Tags:
250cc, 2009, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›