初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

゛キャプテン・アメリカ゛・ロレンソ、25ポイント差に接近

゛キャプテン・アメリカ゛・ロレンソ、25ポイント差に接近

2戦連続転倒リタイヤを喫した後、ロレンソは独走で今季3勝目を挙げ、タイトル獲得の可能性を広げた。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、第12戦インディアナポリスGPの決勝レースで2番グリッドから優勝。第4戦フランスGP以来となるシーズン3勝目を飾った。

アメリカンコミック、キャプテン・アメリカをイメージしたスペシャルヘルメットで登場したランク2位のスペイン人ライダーは、9ラップ目にリズムアップすると、一気に独走した。

「なんという1日だ!チャンピオンシップで、もし、勝ちたかったら、限界まで行かなければいけない。ここ2戦は、勝つために限界まで走り、転んでしまった。大きな失望だった。今日は状況が一転。バレンティーノとダニに起こったことは不運だったけど、僕にとってはグッドな状況だ」と、レースを振り返った。

「少しつまらなかったから、20ラップ間、集中を維持するのは難しかったけど、リラックスすることはできなかった。もし、リラックスすれば、どんなことでも起きてしまう。最終ラップは楽しかったし、すごく気分が良かった。」

50ポイント差から25ポイント差に詰めたタイトル争いについては、「レース前、ジャーナリストたちに、ほぼ不可能だと言った。今は、難しいけど、不可能ではないと言えるだろう」と、笑みを浮かべながら、答えた。

ロレンソは、今週末に昨年3番グリッドから2位を獲得した第13戦サンマリノGPに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2009, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›