初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.デアンジェリス:「表彰台を獲得できる自信があった」

A.デアンジェリス:「表彰台を獲得できる自信があった」

5位を獲得した第9戦ドイツGPでステップアップを果たしたデ・アンジェリスは、初の表彰台を獲得。来季のシート確保に向けて、存在感をアピールした。

サンカルロ・ホンダ・グレシーニのアレックス・デ・アンジェリスは、第12戦インディアナポリスGPの4番グリッドから2位。最高峰クラスでベストリザルトを獲得した。

フリー走行から好感触を掴んだ25歳のサンマリノ人ライダーは、公式予選で電気系のトラブルに見舞われたが、自己最高位となる4番グリッドを獲得。

ウォームアップ走行で初めてセッションを制した後、決勝レースでは、2ラップ目から最終ラップまで、1分41秒台のリズムを維持。初の表彰台を獲得した。

「最初に今週末素晴らしい仕事をしてくれたチームに感謝したい。バイクは金曜のセッションから完璧で、コンスタントに良くなって行った。チームは僕を大きく信頼してくれ、僕自身も表彰台を獲得できる自信があった」と、会心の笑みを浮かべながら、レースを振り返った。

「ファンタスティックなリザルトだけど、ここ5戦は好調だったと言わなければいけない。250ccクラス時代に獲得した最後の表彰台から長い時間が過ぎた。感動的だ。今はこの結果を楽しみ、来週のホームコースで同じことを繰り返したい。」

2007年の最終戦バレンシアGP以来となる通算33度目の表彰台を獲得したデ・アンジェリスは、ランク11位から7位に浮上。今週末には、地元レースとなる第12戦サンマリノGPを迎える。

Tags:
MotoGP, 2009, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Alex de Angelis, San Carlo Honda Gresini

Other updates you may be interested in ›