初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

L.カピロッシ:「トップ5に入ることができた」

L.カピロッシ:「トップ5に入ることができた」

延長契約直後のレースで上位進出を狙ったカピロッシだったが、オープニングラップのアクシデンに巻き込まれたことを悔やんだ。

リズラ・スズキのロリス・カピロッシは、第12戦インディアナポリスGPの決勝レースで、11番グリッドから7位。2戦連続4度目のトップ5入りを逃したことを悔やんだ。

通算294戦を迎えた36歳のイタリア人ライダーは、オープニングラップのアクシデントに巻き込まれ、14番手までポジションを落としたが、1分41秒後半から42秒前半のリズムで挽回。

「リザルト自体は悪くないけど、スタートとコースアウトにがっかり。グッドなリズムがあり、数人のライダーを抜いたから、あのアクシデントがなければ、トップ5に入ることができただろう」と、延長契約後のレースを飾れなかったことを悔やんだ。

「週末、新しいシャーシでベストパフォーマンスを追及するために、グッドな仕事をしてくれたチームのみんなに感謝したい。旧型よりも大きく良くなったと確信するけど、正真正銘のポテンシャルがどこなのか、まだ分からない。このレースでグッドなデータを収集した。ミサノで再び全力を尽くすつもりだ。」

ランク9位から8位に浮上したカピロッシは、今週末に昨年7位だった第13戦サンマリノGPに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2009, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Loris Capirossi, Rizla Suzuki MotoGP

Other updates you may be interested in ›