初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン:「今季はキャリアで一番ビックなチャレンジだった」

N.ヘイデン:「今季はキャリアで一番ビックなチャレンジだった」

昨年、スペクタクロな終盤の巻き返しの起点となった地元レースで、ヘイデンは2年連続してシーズン初の表彰台を獲得した。

ドゥカティ・チームのニッキー・ヘイデンは、第12戦インディアナポリスGPの決勝レースで6番グリッドから3位。昨年を再現するように、地元でシーズン初の表彰台を獲得した。

ここまでのベストリザルト(5位)を獲得した第8戦アメリカGPを再現するように、スペシャルデザインのツナギとカウルで登場した地元出身のヘイデンは、2ラップ目から最終ラップまで、1分41秒台のリズムを刻み、今季初の表彰台を獲得。

「表彰台はグレートだ。すごくハッピーだ。みんなも知っているように、今シーズンは難しい展開となっている。率直に、僕のキャリアで最もビックなチャレンジだけど、ついに、もう一度表彰台に登ることができた。」

「チームのみんなに、家族に、いつも応援してくれるファンに感謝しないと。」

「ドビツィオーソはずっと後ろに位置したから、苦しかった。それに、彼を抑え続けられるのか確かではなかった。終盤は、オール・オア・ナッシング。耐え抜くことができた。すごく嬉しい。」

昨年、スペクタクロな終盤の巻き返しの起点となったインディアナポリスで、2年連続して表彰台を獲得したヘイデンは、9月1日までに所属チームと来季に関して決断を下すことになっている。

Tags:
MotoGP, 2009, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Nicky Hayden, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›