初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FP2:B.スミス、連続の1番時計

FP2:B.スミス、連続の1番時計

初日トップのスミスが再び1番時計。トップ5までが1分44秒台のリズムを刻んだ。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行2は5日、ミサノ・ワールド・サーキットで行われ、ブラドリー・スミスがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度26度のドライコンディションの中、フリー走行1を制したスミスは、終盤に連続トップタイムをマーク。1分44秒130の1番時計を記録した。

前戦勝者のポル・エスパルガロは、0.109秒差の2番手。

ポイントリーダーのフリアン・シモンは、0.124秒差の3番手。アンドレア・イアンノーネ、ニコラス・テロールのトップ5までが、1分44秒台のリズムで周回した。

日本勢では、小山知良が2.069秒差の20番手。中上貴昌は2.104秒差の21番手だった。

Tags:
125cc, 2009, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, FP2

Other updates you may be interested in ›