Tickets purchase
VideoPass purchase

QP:B.スミス、週末3度目の1番時計で今季3度目のポール奪取

QP:B.スミス、週末3度目の1番時計で今季3度目のポール奪取

フリー走行1から連続1番時計を記録するスミスが、今季3度目のポールポジションを獲得した。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選は5日、ミサノ・ワールド・サーキットで行われ、ブラドリー・スミスがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温32度。路面温度36度のドライコンディションの中、2度のフリー走行を制したスミスは、最終ラップに1分43秒727の1番時計を記録。3戦ぶりとなる今季3度目のトップグリッドを獲得した。

ポイントリーダーのフリアン・シモンは、1分43秒台の最速リズムで周回を重ね、0.016秒差の2番手。今季11度目の1列目を獲得した。

1分43秒台に進出したアンドレア・イアンノーネ、ニコラス・テロールもフロントローを確保。

セルジオ・ガデア、ポル・エスパルガロ、マルク・マルケス、シモーネ・コルシ、ステファン・ブラドル、サンドロ・コルテセがトップ10入り。

日本勢では、中上貴昌が2.049秒差の22番手。小山知は2.221の27番手だった。

Tags:
125cc, 2009, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, QP

Other updates you may be interested in ›