初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

RACE:J.シモン、初タイトルに大きく前進する今季4勝目

RACE:J.シモン、初タイトルに大きく前進する今季4勝目

最終コーナーで優勝争いを演じたエスパルガロとイアンノーネが転倒。3番手のシモンが今季4勝目を飾った。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースは6日、ミサノ・ワールド・サーキットで行われ、フリアン・シモンが優勝。今季4勝目を飾り、初タイトルへ大きく前進した。

気温23度。路面温度38度のドライコンディションの中、中盤から2番グリッドのシモンと3番グリッドのアンドレア・イアンノーネがレースをリード。6番グリッドの前戦勝者ポル・エスパルガロが終盤に最速ラップを連発して、3人が優勝争いを展開。

最終ラップの最終コーナー、イン側を突いたインアノーネがフロントから切り込むと、エスパルガロを巻き込み、両雄がグラベルに向かって、転倒した。

3番手を走っていたシモンが優勝。4番グリッドのニコラス・テロール、ポールポジションのブラドリー・スミスが続き、ランクトップ3が表彰台に並んだ。

マルク・マルケス、サンドロ・コルテセ、ステファン・ブラドル、シモーネ・コルシ、ジョアン・オリベ、ジョナス・フォルガー、ダニー・ウェッブがトップ10入り。

日本勢は、22番グリッドの中上貴昌が20番手。27番グリッドの小山知良は、23番手走行中のラスト7ラップにマシントラブル。リタイヤを強いられた。

チャンピオンシップは、シモンが25ポイントを加算。210ポイントに到達し、ランク2位のテロールに57.5ポイント差とアドバンテージを広げた。

Tags:
125cc, 2009, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, RAC

Other updates you may be interested in ›