初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

RACE:H.バウティスタ、0.040秒差で制す

RACE:H.バウティスタ、0.040秒差で制す

スペクタクロな優勝争いとタイトル争いが展開。バルベラが僅少さで制した。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースは6日、ミサノ・ワールド・サーキットで行われ、エクトル・バルベラが優勝。今季2勝目を飾った。

気温24度。路面温度40度のドライコンディションの中、2番グリッドのバルベラが、4番グリッドのマティア・パシーニと優勝争いを展開。0.040秒差で制し、開幕戦カタールGP以来となる今季2勝目を挙げた。

通算100戦目を迎えたポールポジションの青山博一、8番グリッドのアルバロ・バウティスタ、5番グリッドのマイク・ディ・メッリオが3位争いを繰り広げ、最後はバウティスタが0.006秒差で競り勝り、青山、ディ・メッリオが続いた。

ジュール・クルーセル、アレックス・デボン、ラファエレ・デ・ロサ、エクトル・ファウベル、トーマス・ルティがトップ10入り。

17番グリッドの富沢祥也は、12位でチェッカーを受けた。

チャンピオンシップは、青山が13ポイントを加算。205ポイントに到達すれば、ランク2位にバウティスタが13ポイント差に接近。2位走行中に転倒リタイヤしたランク3位のマルコ・シモンセリは、40ポイント差となった。

Tags:
250cc, 2009, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, RAC

Other updates you may be interested in ›