初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.シモン:「次戦のポルトガルで決めたい」

J.シモン:「次戦のポルトガルで決めたい」

今季4勝目を飾ったシモンは、次戦で初タイトル獲得の可能性を得た。

バンカハ・アスペルのフリアン・シモンは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで、2番グリッドから優勝。今季4勝目を飾った。

レース終盤、ポル・エスパルガロが加わり、アンドレ・イアンノーネと3人で優勝争いを展開。最終コーナーに3番手で進入したが、イアンノーネが転倒し、エスパルガロと共にコースアウトした。

「ストレンジだったけど、勝てたから嬉しい。バルセロナのミスを取り戻した格好となった」と、周回数を間違えて優勝を逃した第6戦カタルーニャGPを思い出した。

「ポルとイアンノーネに起こったことは悪く思うけど、イアンノーネのアクションはあまり正しくなかったと思う。あのコーナーで抜くのは難しい。」

「僕の方は週末にいい仕事をして、ライバルたちにアドバンテージを詰められないようにするために、全力を尽くした。」

「タイトルが近づいている。落ち着いて走ることができるように、早く決めたい。スペインから近いから、次のポルトガルでタイトル獲得を決められたら嬉しいけど、ニコとブラドリーが状況を難しくするだろうから、考えないようにする。大好きなコースで優勝を狙うつもりだ。」

ポイントリーダーのシモンは、今季4勝目で、ランク2位のニコラス・テロールに57.5ポイント差、ランク3位のブラドリー・スミスに62.5ポイント差とアドバンテージを広げた。

もし、シモンが次戦ポルトガルGPで今季5勝目を挙げ、テロールが9位以下、スミスが5位以下だったら、スペイン人としては7人目のチャンピオンとなる。

Tags:
125cc, 2009, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Julian Simon, Bancaja Aspar Team 125cc

Other updates you may be interested in ›