初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.メランドリ、ホームレースを振り返る

M.メランドリ、ホームレースを振り返る

サーキット近郊出身のメランドリは、3戦ぶりに完走。後半戦初ポイントを稼いだ。

ハヤテ・レーシングのマルコ・メランドリは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで、12番グリッドから8位。後半戦初ポイントを獲得した。

後半戦緒戦のブルノでは、6位争い中のラスト2ラップにミカ・カリオと接触転倒。前戦のインディアナポリスでは、再び6位争い中のラスト3ラップに転倒を喫していた。

ホームレースとなった今回は、終盤に3人による7位争いを展開。「タフなレースだった。オープニングラップでデ・アンジェリスを避けることができたのは、ラッキーだった。6番手になった時、思うようにプッシュできなかった。新しいタイヤの感触は常に難しいけど、その後に良くなって行った」と、地元レースを振り返った。

「カリオを追ったけど、幾つかのコーナーでは彼の方が速かった。他のポイントで巻き返したけど、厳しかった。」

「彼を抜いた時に、ミスを犯してしまい、前を走るライダーたちに追いつくことができなかった。第2グループからそれほど離されなかったから、いいレースとなった。これが僕たちの目標。僕はもう次のレースを考えている。」

ランク10位のメランドリは、ランク8位と9位のアレックス・デ・アンジェリスとランディ・ド・プニエに1ポイント差に迫った。

Tags:
MotoGP, 2009, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Marco Melandri, Hayate Racing Team

Other updates you may be interested in ›