初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.イアンノーネ、リアクションに謝罪

A.イアンノーネ、リアクションに謝罪

ホームレースで優勝を狙ったイアンノーネは、転倒後のリアクションに謝罪。今季5度目の0ポイントで、タイトル獲得の可能性が消えた。

オンガッタ・ISPAのアンドレア・イアンノーネは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで、3番グリッドから転倒。ホームレースでのリタイヤだけでなく、タイトル獲得の可能性を失った。

ポイントリーダーのフリアン・シモン、後方から追い上げてきた前戦勝者のポル・エスパルガロとの優勝争いを展開した20歳のイタリア人ライダーは、最終ラップの最終コーナーで転倒。エスパルガロを巻き込み、グラベルに転んで行った。

レース復帰を試みたイアンノーネだったが、レース復帰が不可能となったエスパルガロの対応に、冷静に対応できず、ヘルメット越しに頭突きを食らわせたことから、レースディレクションからスポーツへの関心に害する行為として、罰金5千ドルの支払いが命じられた。

「僕はこのグランプリを数日前から、数週間前から楽しみにしていた。イタリアのファンの前で、グレートなリザルトを獲得することを夢に見ていたけど、夢がゴール直前で悪夢となってしまった」と、落ち着きを取り戻したイアンノーネはレースを振り返った。

「レースはナイスだった。スペクタクロで、正しかった。ポルは非常に勇敢で、最後まで自分のリズムを刻んでいた。しかし、最終コーナー。僕は非常に効果的に、彼を抜くことができると確信していた。」

「ハードブレークでイン側に進入。曲がれると考えた瞬間、行き詰まり、転倒を回避することができなかった。その上、アウト側にいたポルをコース外に追い出してしまった。彼に責任はない。転んだ時は、チャンスが台無しになってしまったと考えた。」

「直ぐに謝ったけど、彼は強烈な言葉を発し、カウルを叩き割った。バレンティーノが言ったように、あの後にもう一度謝らなければいけなかったけど、その反対に、冷静さを失い、僕のキャリアを後悔するアクションを起こしてしまった。」

「ボックスに戻り、たくさんのジャーナリストたちが待ち構えていて、現実には全く考えていないことは発言してしまい、またミスを犯してしまった。あのようなレースで、ドラマチックなフィナーレだった後でカッと熱くなった時に、今回のようなことを犯してしまったと思う。」

「夜になって、あの出来事を考え、ポルに対しての行為や、生中継のテレビに向かっての発言を恥ずかしく思った。みんなに、チームに、スポンサーに、そして、モーターサイクルのファンに謝りたい。あのようなことを二度と犯さない。」

転倒に巻き込まれたエスパルガロは、「僕のベストレースだったけど、最後は転んで、バイクが壊れてしまった。彼は、シペースがないところに突っ込み、僕を転ばせた。その上、理由を求めたら、頭突きをした。スポーツ選手として、残念な行為だった」と、振り返った。

転倒を喫したイアンノーネとエスパルガロは、ポイントリーダーから100.5ポイント差と105.5ポイント差となり、初タイトル獲得の可能性が消滅した。

Tags:
125cc, 2009, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Pol Espargaro, Andrea Iannone

Other updates you may be interested in ›