初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

青山博一、日本人初の通算100戦目達成

青山博一、日本人初の通算100戦目達成

日本人として中量級初の通算100戦目に到達した青山は、初タイトルに向けて、確実にポイントを稼いだ。

スコット・レーシングの青山博一は、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで、今季初のポールポジションから4位。ポイントリーダーの座を堅守した。

250ccクラス最後のシーズンで初タイトル獲得を狙う青山は、昨年の第17戦マレーシアGP以来となる通算7度目のポールポジションから通算100戦目を迎え、タイトル争いのライバル、アルバロ・バウティスタとのバトルを展開。

「ディ・メッリオも加わり、エキサイティングなレースでした。後半セクションは僕の方が速かったので、そこで前に出て、ゴールするのが理想でしたが、ちょっと足りなかったです。ポジティブに考え、次につなげたいです。」

「100戦目を優勝で飾ることができなかったですが、101戦目でも遅くないと思います。」

「13ポイント差は、あってないようなもの。あまり変わらないです」と、気を引き締めた。

デビュー戦から一戦も欠場せずに、日本人として中量級初の通算100戦目に到達した青山は、次戦ポルトガルGPに向け、活動の拠点であるバルセロナでトレーニングを続ける。

Tags:
250cc, 2009, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Hiroshi Aoyama, Scot Racing Team 250cc

Other updates you may be interested in ›