初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

P.カンピノーティ、シーズンを振り返る

P.カンピノーティ、シーズンを振り返る

ドゥカティのサテライトチームを指揮するカンピノーティは、カリオのパフォーマンスに高い評価を与えた。

プラマック・レーシングのチームオーナー、パオロ・カンピノーティは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP後、シーズンを振り返った。

昨季末に新体制を整え、ドゥカティとのパートナーシップを強化したサテライトチームは、2人の新人を起用。250ccクラス出身のミカ・カリオはランク15位、テストライダー出身のニッコロ・カネパはランク16位に位置する。

ケーシー・ストーナーの欠場により、ファクトリーチームに抜擢されたカリオに関して、「シーズンの大きな満足感は、カリオの素早い成長です」と、高い評価を与えた。

「ハイライトはアッセンでした。トップライダーたちに追走する能力があり、ワンダフルなレースでしたが、不運にもラストコーナーで転倒してしまいました。グレートなリザルトを獲得することができたでしょう。少なくても、ポテンシャルを証明し、感動的なレースを見せてくれました。」

「我々は、シーズン中におけるチームの進歩に大変ハッピーです。シーズン序盤には、幾つかの問題がありました。我々の2人のライダーは、MotoGPの参戦が初めてなことから、彼らがバイクを学習することを待たなければいけませんでした。今、彼らが大きく成長したところを確認し、残りのシーズンが大変楽しみです。」

「今後も進歩が続くと思います。我々のライダーがシーズンエンド前に、ナイスな衝撃をもたらすことを期待します。」

Tags:
MotoGP, 2009, Pramac Racing

Other updates you may be interested in ›