初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

L.チェッキネロ、ド・プニエのランク7位に自信あり

L.チェッキネロ、ド・プニエのランク7位に自信あり

チェッキネロは、飛躍が著しいド・プニエがランク7位を獲得できる可能性が高いことを強調した。

LCR・ホンダのチームマネージャー、ルーチョ・チェッキネロは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP終了後、ランディ・ド・プニエのシーズンを振り返った。

昨季クラス最多となる転倒22回を記録した28歳のフランス人ライダーは、今季6回と大きく減少。ランキングも15位から13戦を終えて、9位にステップアップした。

「今季のリザルトは、2008年と比較して、大変良いです。我々は大きく進歩したと言えます。表彰台を獲得し、トップ5を数度果たしました。我々のようなチームにとって、本当にグッドなリザルトです」と、イタリア人マネージャーは手放しで喜んだ。

「もちろん、ミサノの結果は、あまり幸運がありませんでした。デ・アンジェリスのアクシデントにより、ランディはコースアウトを強いられ、最後尾にレースに戻らなければいけませんでした。」

「全体的には、我々は大変満足しています。タイヤワンメイクのレギュレーションに関しては、我々は合意し、機能しました。チャンピオンシップにとって有益だったと考えます。ランディに関しては、彼の明らかな進歩を確認しました。ライダーとして大きく成長し、来季も再び起用したいです。」

サマーブレーク中に骨折した左足首の影響を受け、ここ3戦は特筆する結果が残せなかったが、ランキングを上げられる能力があることを強調。

「残り4戦に向け、現実的にならなければいけません。トップ5は別世界で、非常にポテンシャルが高いです。彼らの後には、エドワーズ、メランドリ、カピロッシら、多くのタレントが控えていますが、ランディが彼らと闘うことができます。ランク7位、8位で終われると信じています。」

チェッキネロは、ド・プニエとの延長契約を希望。契約更新の交渉を進めている。

Tags:
MotoGP, 2009, Randy de Puniet, LCR Honda MotoGP

Other updates you may be interested in ›