初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

13戦までの2009年シーズン:J.ロレンソ編

13戦までの2009年シーズン:J.ロレンソ編

タイトル争いを展開する主役たちのシーズンに注目。第3弾は、ランク2位ロレンソの13戦までを振り返る。

フィアット・ヤマハから最高峰クラス2年目を迎えたホルヘ・ロレンソは、13戦目を終えて、ランク2位。ポイントリーダーから30ポイント差に位置する。

昨年ランク4位を獲得し、新人王に輝いたスペイン人ライダーは、1年目の成績を上回るため、プレシーズンから意欲的に周回を重ねると、2年連続して開幕戦で表彰台を獲得。

ヤマハの地元レースとなった2戦目で今季初優勝を飾り、ポイントリーダーに浮上。タイトル争いのポテンシャルがあることを改めて証明した。

地元に戻ってきたヘレスでは、ポールポジションから転倒リタイヤを喫したが、次戦のルマンでは、初体験のフラッグ・トゥ・フラッグで優勝。

続くムジェロからザクセンリンクまで、連続表彰台を獲得した中、カタルーニャでは、バレンティーノ・ロッシとのスペクタクロなバトルを展開。ラグナセカでは、右足骨折、右鎖骨脱臼の状態で3位を確保した。

ポイントリーダーに10ポイント差と迫ったドニントンでは、トップ走行中に転倒。ブルノでもトップに飛び出した後に転倒を喫し、2戦連続のリタイヤで、50ポイント差にギャップが広がった。

しかし、インディアナポリスでシーズン2勝目を飾り、ミサノでシーズン10度目の表彰台を獲得。30ポイント差まで挽回した。

残り4戦、100ポイントのタイトル争いを控えた中、ロレンソは、数年前から連絡を絶っていた父親が経営するミニサーキットを訪れ、親子関係を修復した。

Tags:
MotoGP, 2009, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›