初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.カネパ、解雇の噂を一蹴

N.カネパ、解雇の噂を一蹴

解雇の噂が流れたカネパは、ドゥカティとのミーティングで最終戦まで走ることを確認。来季に関しては、他のカテゴリーからオファーがあることを認めた。

プラマック・レーシングのニッコロ・カネパは、一部で報道されている解雇問題に関して否定。最終戦まで参戦することを説明した。

ランク16位のイタリアンルーキーは、イタリアやスペインを中心に、ミカ・カリオの復帰とアレックス・エスパルガロの継続起用により、次戦ポルトガルGPからの欠場という報道に関して、「本当のところ、少し前まで簡単の時期ではなかった。新聞には毎日目を通すし、多くのコメントが届いた」と、心境を語った。

「状況をハッキリさせるために、チームオーナーのパオロ・カンピノーティを加えて、ドゥカティとミーティングを持った。今、自分のバイクでシーズンを終えることができると言えるから、すごく幸せだ。」

「シーズン初めに、誰も僕にチャンピオンになれと要求しなかった。僕のレベルに失望していないと思う。シーズンを終えることができるから、すごく嬉しい。」

「残り4戦。ベストを尽くしたい。来年を決める大事な時期。僕はレース毎に成長し、将来を保障するために、この流れを続けないといけない。」

来季に関しては、「続けることができるとは思わない」と、MotoGPの継続参戦が困難であることを認めた。

「表彰台を獲得したデ・アンジェリスやエリアスでさえ、来年のバイクがない状態だから、僕が簡単にシートを確保できるとは思わない。」

「将来的には、MotoGPに参戦できると思う。それが夢だけど、今は経験を積み、表彰台争いをするために、他のチャンピオンシップで走るのは、悪いアイディアではない。」

「スーパーバイクとMoto2から複数のオファーがあるけど、何も決定していない。プラマックはMoto2のチームを持つつもりだけど、現状ではオプションの1つだ。」

Tags:
MotoGP, 2009, GP CINZANO DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Niccolo Canepa, Pramac Racing

Other updates you may be interested in ›