Tickets purchase
Videopass purchase

モンスター・ヤマハ・テック3、アメリカンコンビを結成

テック3は、2010年にエドワーズとスピーズを起用すること発表。ヤマハ勢の体制が決定した。

モンスター・ヤマハ・テック3は1日、2010年体制を発表。コーリン・エドワーズとベン・スピーズを起用する。

ヤマハのプライベーチ・チームは、今季スーパーバイク世界選手権に初参戦している25歳のアメリカ人ライダー、スピーズを抜擢。

「僕を信頼してくれたヤマハに感謝したい」と、9月4日に発表された2011年からの参戦に関して、見直されたことに感謝した。

「ここ数日間、ヤマハは2011年までの契約に関して、再検討してくれた。2010年はスーパーバイクに参戦する契約を結んだけど、インディの後で、レース、年齢、そして2011年まで参戦を待つということについて考えた。」

「簡単な決断ではなかった。ヤマハと一緒に参戦するスーパーバイクの経験はファンタスティックだった。レースとヨーロッパの1年目を楽しんだ。今、僕には2つの挑戦がある。可能な限りベストなシーズンにすること。MotoGPへの新しい目標に向けて、ステップすることだ。」

「エルベ・ポンチャラルは、僕への支援を示してくれた。AMA時代から僕と一緒に参戦するチーフメカニックを起用することを許してくれた。」

「来年、たくさんのことを学ばなければいけないけど、準備はできている。グッドなシーズンにしたい。目標はトップ6~8以内を維持することだ。」

同チームは、ランク6位のエドワーズを3年連続して起用することを同時に発表。

チームマネージャーのポンチャラルは、「コーリンを2010年も継続起用できることが嬉しいです。彼はベストライダーの1人であることを証明しました。この決定に相応しいです」と、契約更新の理由を説明した。

Tags:
MotoGP, 2009, Monster Yamaha Tech 3

Other updates you may be interested in ›