Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、喜びの復帰

C.ストーナー、喜びの復帰

7月末の第10戦イギリスGP以来、ストーナーが笑顔でパドックに戻ってきた。

ドゥカティ・マールボロのケーシー・ストーナーは、第14戦ポルトガルGP開催の前日となる1日、チームのホスピタリティでプレスカンファレンスを行い、4戦ぶりの復帰に向けて、心境を語った。

ドゥカティのリーダー、リビオ・スッポ、フィリッポ・プレジオーシと共に笑顔でメディアの前に登場したストーナーは、「僕にとって、すごく難しい決断を下したけど、困難なレースが続いていた。ドニントンの後、意志たちに診てもらい、起きていることを理解し、正しい方向に進むために、オーストラリアに戻った」と、状況の説明を始めた。

「ブルノに戻る計画をしていたけど、不運にも僅かな時間で解決することを見つけられなかった。父親と妻のアドバイス、そして、医師たちからは、『時間を取るべきだ』と助言してくれ、3レースに休む決断を下した。」

「とても難しかった。この期間、できることを全てやった。医師たちに診てもらい、血液検査の結果、低下していたレベルを回復するために、適した食事療法を続けた。今週末、どのようなレスポンスをするのか確認しなければいけない。」

「欠場したレース、そして、全く戦闘力がなかったカタルーニャからのレースに関して、僕のチームに謝った。僕自身、チームのみんな、メカニックのみんな、全員が100%を尽くしたけど、思うようなパフォーマンスができなかった。今、長い間バイクに乗らなかったから、戦闘的に戻ることができる。寂しかった。」

体調不良により、第10戦イギリスGPを最後に欠場していたストーナーは、明日のフリー走行1で復帰する。

Tags:
MotoGP, 2009, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, Casey Stoner, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›