初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、調子上向き

V.ロッシ、調子上向き

2度のセッションで問題を解決してきたロッシは、さらに戦闘力が増すことを期待した。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、第14戦ポルトガルGPの公式予選で2番時計を記録。9戦連続11度目の1列目を獲得した。

30ポイント差のアドバンテージを持って、明日の決勝レースを迎えるポイントリーダーは、「昨日今日のセッションの中でのベストリザルトだったから嬉しい」と、調子が上向いたことに手応えを感じた。

「2番グリッドからのスタートはすごく重要だ。ロレンソは疑いなく強い。ストーナーもペドロサも非常に近い。」

「バイクのバランスに関しては、すごく良くなった。ブレーキのレスポンスも改善された。まだ、低速コーナーでの立ち上がりで、トラクションの小さな問題がある。レースではもっと戦闘力がアップすることを願う。」

「ブリヂストンにとって、とても難しいコース。普通、我々のタイヤは全てのコースでエクセレントだけど、エストリルは常に小さな問題がある。明日の28ラップは、高い温度が原因で、レース終盤が難しくなるだろう。」

Tags:
MotoGP, 2009, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›